PTA活動

「子は親の鏡」 PTA人権教育講演会

教養部長のKさんのあいさつと講師紹介 K部長さんを中心に講演会の準備と運営をていねいに行っていただきました。Y副部長さんには上手に進行をしていただきました。
まず最初はアイスブレーキング 固かった雰囲気が,一気に和みましたね。
両澤先生,ソフトな語らいで,保護者の皆さんをひきつけました。
演習「わたしらしさは?」 グループの人に,自分の短所を,見方を変えて(逆転の発想で)長所として話してもらいました。各グループ盛り上がっていましたね。
PTA会長のKさんに,お礼の言葉と講演会のまとめを気持ちを込めて述べてもらいました。皆さんの気持ちを,代表で表していただきました。

☆「子どもがイライラしているのを見て,こちらもイライラしてきそうになったら,とりあえず,抱きしめようと思いました。とても温かい講演会でした! 」保護者感想より

 

11月21日(木)第4回参観日に合わせて,PTA教養部の皆さんに企画・運営していただき「人権教育研修会(講演会)」が行われました。

 講師に北信教育事務所 指導主事 両澤宏樹先生をお迎えし,「子育てと人権教育 ~自分や周りの人を大切にする子どもを育てるために~」を演題に講演していただきました。

 47名の保護者の皆様に参加していただき,心温まるお話をいただいたり,「たしざんトーク」などの演習をしたり,あっという間の1時間30分でした。

 両澤先生ありがとうございました。また,K部長さんを中心に企画・運営をしてくださったPTA教養部の皆さん,お疲れさまでした。ありがとうございました。

 保護者の皆さんからたくさん感想をいただきました。いくつか紹介いたします。

「実際に“たしざんとーく”や“わたしらしさ”などをやって,見方一つで大きく変わることなど,楽しみながら,実践を交えて講演を聴かせていただきました。いいお母さんではなく,幸せなお母さんでいたいなと思いました。子どもとのコミュニケーションを大切にして,たくさんいいところをほめたいと思いました。とても充実した時間を過ごせました。ありがとうございました。教養部の方々,ご苦労様でした。」

「実際に他のお母さん方と演習をしながら,自分も周りの人も大切にする大切さを学ぶことができ,わかりやすかったです。普段,あたりさわりなく話しているお母さん方のことも,「こんな事を考えていたんだ~」とか「こんな一面もあったんだ~」と知らない一面に気づくことができました。もっとたくさんの方ともやってみたいなと思いました。」

「本日の話を聞いて,今まで子どもを叱ってばかりで,言うことをきかせようとしたり,片付けさせようとしていましたが,もう少し子どもをほめたり,もっと話を聞こうと思いました。」

「子どもたち3人を平等にほめ,みんなにほめられた内容がわかるように,夕食時に一日終わりとして実行したいです。一番上の息子にもギュッとしてあげようと思います!夫婦間でも,「ありがとう」「ごめんなさい」が素直に言える家庭にしたいです。」

「とても貴重なお話をお聞きできてよかったです。息子はいつも泣いてばかりで,親の方がイラッとしてすぐに叱ってしまいます。今日のお話を聞いて,息子のハートを直撃するひどい言葉を言ってしまっていたと反省しました。さっそく今日帰ったら息子を抱きしめてあげたいと思いました。ありがとうございました。」